和食の三大基本マナーを知っていますか?

和食におけるマナーでお椀をどのようにするか

朝食はご飯派の人とパン派の人がいると聞きます。
日本人なんだからとご飯派の人が言えば、時代が変わったのだからより効率的にと用意が楽なパン派の人が言うかもしれません。
しかし今はご飯を炊くのも自動で炊けます。
お味噌汁を作るのは少し時間がかかりますが、パン派でもスクランブルエッグやサラダなどをつけることになるでしょう。そうなるとどっこいどっこいのところもありそうです。

一番は好きなものをしっかり食べることになるでしょう。

ご飯派の人にとって、朝食に食べるときには何が必要でしょうか。まずはご飯です。

そしてお味噌汁が欲しいです。

それだけでも十分ですが、タンパク源として焼き魚があったり、卵焼き、豆腐があると良いかもしれません。さらに、ご飯にはのりがつきものです。

これで万全です。

このご飯に味噌汁においては、両方共ご飯茶碗、お椀を必要とします。
和食においては、どのようにして食べるのがマナーとして正しいのでしょうか。知っておくと便利です。

朝などは慌てて食べることがあります。
何かを食べながらだと、つい動作を忘れることがあります。
お椀については、ご飯に関しても、お味噌汁に関しても、手できちんと持って、そして箸を使って食べることになります。
ごく当たり前のことになります。
そうすることで、下にこぼすこともありません。国によっては、置いて食べるのが基本のこともあります。
海外に行ったときは、郷に入れば郷に従えで良いですが、日本では日本の食べ方で行います。

イチオシサイト